日付一覧

  • 2018/04/06 17:37:18
  • 2018/03/13 17:26:54
  • 2018/02/27 15:36:54
  • 2017/12/15 13:55:49
  • 2017/11/17 17:12:50
  • 2017/02/24 17:05:15
  • 2016/10/28 15:04:27
  • 2016/09/11 13:44:48
  • 2016/08/08 16:11:45
  • 2016/07/21 12:10:10
  • 2016/06/03 14:42:58
  • 2016/05/19 15:39:53
  • 2016/03/23 15:37:31
  • 2016/02/17 11:00:49
  • 2016/02/02 13:23:07
  • 2016/02/01 17:22:48
  • 2015/12/22 09:49:17
  • 2015/12/04 12:13:05
  • 2015/10/29 11:55:57
  • 2015/10/20 10:54:02
  • 2015/10/19 14:36:11
  • 2015/09/11 15:06:10
  • 2015/08/27 13:03:14
  • 2015/06/09 11:57:12
  • 2015/06/04 13:31:48
  • 2015/05/15 15:40:37
  • 2015/04/20 12:14:59
  • 2015/04/14 11:02:36
  • 2015/02/24 16:14:08
  • 2015/02/13 12:22:57
  • 2015/02/09 13:59:37
  • 2014/12/22 16:20:08
  • 2014/12/10 11:51:54
  • 2014/10/21 15:18:41
  • 2014/10/17 17:30:03
  • 2014/09/16 11:54:35
  • 2014/09/05 10:28:33
  • 2014/07/19 11:18:18
  • 2014/07/04 09:49:29
  • 2014/06/18 11:22:56
  • 2014/05/27 11:11:34
  • 2014/05/09 15:28:24
  • 2014/02/19 12:22:20
  • 2014/02/14 13:11:52
  • 2014/01/28 17:21:03
  • 2014/01/16 12:22:32
  • 2014/01/08 14:21:02
  • 2013/12/31 16:36:53
  • 2013/12/14 15:15:04
  • 2013/11/29 16:02:24
  • 2013/11/11 16:44:26
  • 2013/10/23 11:20:51
  • 2013/10/11 12:15:54
  • 2013/09/11 11:11:11
  • 2013/09/02 14:21:33
  • 2013/07/08 13:43:51
  • 2013/07/02 11:22:51
  • 2013/06/27 17:02:03
  • 2013/06/17 10:50:34
  • 2013/06/13 10:20:34
  • 2013/05/20 13:54:27
  • 2013/05/16 11:49:51
  • 2013/04/24 16:03:53
  • 2013/04/18 12:27:44
  • 2013/04/09 10:36:30
  • 2013/04/01 12:31:33
  • 2013/03/11 17:13:48
  • 2013/02/25 13:30:44
  • 2013/02/19 20:01:58
  • 2013/02/19 14:28:56
  • 2013/02/18 17:25:56
  • 2013/01/25 10:14:20
  • 2013/01/23 10:59:52
  • 2012/12/18 15:58:06
  • 2012/12/17 16:24:40
  • 2012/12/13 16:37:41
  • 2012/12/10 17:12:06
  • 2012/12/10 16:09:14
  • 2012/11/30 09:44:30
  • 2012/11/27 10:11:22
  • 2012/11/22 13:28:18
  • 2012/11/19 16:37:53
  • 2012/11/09 16:56:08
  • 2012/11/07 11:00:20
  • 2012/11/07 09:59:39
  • 2012/10/30 17:29:37
  • 2018/03/13 17:26:54
    • にこにこハッピー通信

    {COL1} さん
    にこにこハッピー♪
    三重プリズムです!

    春一番の風も吹き、
    いよいよ春到来!!
    植物の息吹を感じる季節がやってきました!


    まずは、お知らせから


    <<餃子のご注文のお渡し>>
    3月20日(火)11:00〜となります。
    冷凍ですので、できましたら、お早めに
    お取りに来ていただけますよう
    ご協力をお願いします。

    当日来れない方も冷凍で保存しておきます。


    <<にこはぴミュージアム開館>>

    にこはぴミュージアムは、みなさまの作品を
    ネットで発表する場所です。

    ■『にこはぴミュージアム』ページはこちら↓
    http://mieprism.net/museum/


    作品をみなさんで「投稿」という形で、
    ネットにアップロードしていただきます。

    皆さんの作品を提供いただきますよう
    ご協力お願いします。


    投稿方法を行う講座を開催します。
    以下の日程で、無料で参加していただけます。

    現在、教室に来てない方も大歓迎!!
    これからも教室に来ない方も大歓迎!!
    (ただし、一度でも教室受講の方のみです)

    以下の日にちをご希望の場合は、
    有料(5ポイント)となりますので、
    ご了承ください。
    ぜひ、お時間を合わせていただけたらと思います。

    ※4月以降は、別途お知らせします。
    ※毎月開催しますので、
     タイミングの良い時にお越しくださいね♪

    <3月の予定>

    19(月)13:30〜
    21(水)13:30〜
    23(金)13:30〜
    27(火)13:30〜
    30(金)13:30〜
    31(土)11:00〜


    ■当日ご用意いただくもの

    ・ニックネーム(本名でもOK)を決めてきてください。
    ・ユーザー名(英数字)
    ・メールアドレス
    ・パスワード(英数字記号含む8文字以上)
    ・写真(当日なくても後で変更できます)


    ご予約や不明な点等ございましたら、
     このメールに返信か
     0593910801 までお電話下さい!



    =======
    本日のにこにこハッピー♪
    =======

    ーーーーーーーー
    最短の道は
    現実が教えてくれる
    ーーーーーーーー

    数学では、

    最短の道は始点と終点を
    直線で結んだ道だと

    教えてくれる。


    しかし、現実における
    最短の道はそうではない。


    昔の船乗りはこう教えてくれる。

    「最もつごうよく吹いてきた風が、
     船の帆を脹らませて導かれた
     航路が最短の道だ」と。


    これこそ、実際に
    物事をなしとげようとする場合に
    通用する最短の道理論だ。

    頭で立てた計画通りに物事は運ばない。


    現実の何かが、
    遠い道を最も近い道にしてくれる。


    それは何かは前もってわからず、

    現実に踏み出したときに
    ようやくわかってくるのだ。


    『超訳 ニーチェの言葉』フリードリヒ・ニーチェ著(白取春彦編訳)より

    ----


    〜ちかのひとりごと〜

    今回もニーチェから引用させていただきました。

    教室にお越しの方には話してると思いますが、
    成長曲線のお話と
    通じることではないでしょうか。

    「成長曲線」を
    言葉で表現しにくいのですが、
    ちょっとイメージしてみてください。

    成長する過程は、
    直線でなく、曲線です。

    はじめは、ほとんど高さのない
    まっすぐに伸びています。

    しかし、ある一定の場所に来ると、
    グッと上昇します。

    ある一定の場所で加速し、成長します。

    直線だと思っている多くの方は
    上昇・上達しないとあきらめてしまいます。

    この場所まで来れるかどうかです。

    コツコツと進んでいくと
    必ず見えてくる道があります。

    その時間を丁寧にかつ
    エゴがなく、素直に進めば、
    深く奥行きのある「智慧」になると思います。


    直線の道のりならば、
    ほぼみんなが同じ進歩になります。

    しかし、現実は違います。

    人によって進歩は違います。

    これをいうと、
    「早い」といい。
    「遅い」とダメ。

    と判断しないでくださいね!

    私は速度ではないと思っています。

    ある一定の場所に来ると、人は加速しだします。

    あのウサギとカメの物語のように、
    ウサギよりもカメのほうが勝っちゃうんです。



    自転車の乗り方を
    「知識」だけで判断し、説明だけ知っては乗れません。

    必要最低限の「知識」だけ持ち、
    自分自身でハンドルを握り、
    ペダルをこぎ出すことが
    オリジナルの「感性」になります。

    これは、一生の宝物と思っています。


    教室では、このことを大切にしています。
    「知識」だけ必要ならば、当教室でなくても構いません。

    それでは得られないものを大切にしていきたいと思います。


    そのために必要なことは、
    {COL1}さんがチャレンジすることだと思います。

    チャレンジは、自分のできる範囲の事柄です。
    自分を大きく超えたチャレンジでなく、
    自分をちゃんと知っているチャレンジです。

    これができる人は、幸せな人生を送れると思います。

    教室でなくてもいいです。
    {COL1}さんがチャレンジしていることが
    なによりも嬉しいことです。

    これからも{COL1}さんと一緒にチャレンジできることを
    楽しみにしております。



    {COL1}さんが楽しい一日になることをお祈りしております。

    最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。


    *******

    {EMAIL}宛てにお送りいたしております。

    にこハピ通信のバックナンバーはこちら↓
     http://mieprism.net/acmailer3/backnumber.cgi

    にこハピ通信メール配信の不要な方の解除はこちら↓
    {DELURL}

    お友だちにご紹介いただけるとうれしいです♪
    にこハピ通信メール配信登録はこちら↓
    http://mieprism.net/acmailer3/from.cgi

    {YEAR}/{MONTH}/{DAY} ({WEEK-JP}) {HOUR}:{MINUTE}