日付一覧

  • 2017/12/15 13:55:49
  • 2017/11/17 17:12:50
  • 2017/02/24 17:05:15
  • 2016/10/28 15:04:27
  • 2016/09/11 13:44:48
  • 2016/08/08 16:11:45
  • 2016/07/21 12:10:10
  • 2016/06/03 14:42:58
  • 2016/05/19 15:39:53
  • 2016/03/23 15:37:31
  • 2016/02/17 11:00:49
  • 2016/02/02 13:23:07
  • 2016/02/01 17:22:48
  • 2015/12/22 09:49:17
  • 2015/12/04 12:13:05
  • 2015/10/29 11:55:57
  • 2015/10/20 10:54:02
  • 2015/10/19 14:36:11
  • 2015/09/11 15:06:10
  • 2015/08/27 13:03:14
  • 2015/06/09 11:57:12
  • 2015/06/04 13:31:48
  • 2015/05/15 15:40:37
  • 2015/04/20 12:14:59
  • 2015/04/14 11:02:36
  • 2015/02/24 16:14:08
  • 2015/02/13 12:22:57
  • 2015/02/09 13:59:37
  • 2014/12/22 16:20:08
  • 2014/12/10 11:51:54
  • 2014/10/21 15:18:41
  • 2014/10/17 17:30:03
  • 2014/09/16 11:54:35
  • 2014/09/05 10:28:33
  • 2014/07/19 11:18:18
  • 2014/07/04 09:49:29
  • 2014/06/18 11:22:56
  • 2014/05/27 11:11:34
  • 2014/05/09 15:28:24
  • 2014/02/19 12:22:20
  • 2014/02/14 13:11:52
  • 2014/01/28 17:21:03
  • 2014/01/16 12:22:32
  • 2014/01/08 14:21:02
  • 2013/12/31 16:36:53
  • 2013/12/14 15:15:04
  • 2013/11/29 16:02:24
  • 2013/11/11 16:44:26
  • 2013/10/23 11:20:51
  • 2013/10/11 12:15:54
  • 2013/09/11 11:11:11
  • 2013/09/02 14:21:33
  • 2013/07/08 13:43:51
  • 2013/07/02 11:22:51
  • 2013/06/27 17:02:03
  • 2013/06/17 10:50:34
  • 2013/06/13 10:20:34
  • 2013/05/20 13:54:27
  • 2013/05/16 11:49:51
  • 2013/04/24 16:03:53
  • 2013/04/18 12:27:44
  • 2013/04/09 10:36:30
  • 2013/04/01 12:31:33
  • 2013/03/11 17:13:48
  • 2013/02/25 13:30:44
  • 2013/02/19 20:01:58
  • 2013/02/19 14:28:56
  • 2013/02/18 17:25:56
  • 2013/01/25 10:14:20
  • 2013/01/23 10:59:52
  • 2012/12/18 15:58:06
  • 2012/12/17 16:24:40
  • 2012/12/13 16:37:41
  • 2012/12/10 17:12:06
  • 2012/12/10 16:09:14
  • 2012/11/30 09:44:30
  • 2012/11/27 10:11:22
  • 2012/11/22 13:28:18
  • 2012/11/19 16:37:53
  • 2012/11/09 16:56:08
  • 2012/11/07 11:00:20
  • 2012/11/07 09:59:39
  • 2012/10/30 17:29:37
  • 2014/07/19 11:18:18
    • にこにこハッピー通信

    {COL1} さん
    にこにこハッピー♪
    三重プリズムです!

    梅雨明けしましたね〜♪さあ、暑い夏真っ盛り!
    こころも熱くなっていきます〜!


    ※お知らせ※
    7月21日(日)9:00〜朝ヨガ開催♪
    てんてん農園(鈴鹿市広瀬町)
    美味しいトマトも食べられますよ〜!
    詳しくは、080-4322-6064(竹本さん)まで

    お時間よろしければ、お出かけしてみてくださいね♪


    さて、今回のお知らせは、
    にこはぴCafe&イベントののお知らせです♪


    ★にこはぴCafe----
    自分自身であること
    ------------------
    ハッピー講座第4弾
    自分自身をコントロールして生きるための脳の使い方があります。
    前回の内容のよい思いのつくりかたも少し踏まえてお話しますね。

    にこハピCafeを通じて、こころ豊かに生きるコツを少しずつ一緒に学びませんか?

    7月23日(水)14:30〜16:00
    会費:500円(お茶、おやつ付)
    ※準備がございますので、参加の場合は、お早めにお知らせください。


    ★パソコン講座----
    夏休み限定!セキュリティ講座
    ------------------
    パソコン、携帯、ゲーム機などインターネットに触れる機会が多くなってきた時代に、インターネットに潜む危険を知りましょう。
    是非、親子でご参加ください。お子様だけでもOK!大人だけでもOKです!

    8月6日(水)
    9:30〜 と 11:00〜
    500円(かき氷&タトゥーシールプレゼント

    -------


    =======
    本日のにこにこハッピー♪
    =======

    ◆百年先を見て”逃げ回った”男の戦い方


    徳川幕府の最後の将軍だった徳川慶喜という人は、よく徳川三百年の歴史の中でも、最も英明な君主の一人だったといわれることもある。

    ところが、幕末から明治維新にかけてのあの激動の時代における慶喜の動きを見る限りにおいては、英邁でもなんでもなく、ただ逃げ回って謹慎してしまっただけの、何もやらなかった君主というイメージを持ってしまう人が多いのではないのだろうか。

    (中略)

    明治維新の特徴は、慶喜の決断が功を奏して大きな内乱がなかったことなのだが、このことが以後も非常にうまく作用していくのである。

    普通なら、このような動乱の時代においては、特権階級が自らの特権を捨てるなどということは起こりようがないのだが、維新においては大名は藩を捨て、武士は刀を捨てちょん髷を切った。

    廃藩置県においては、大名は一応知事という地位に就いたが、これなども、大名が自らの権限を捨てることに他ならなかった。


    「自分の品格」渡部昇一著より


    -------

    (にこハピの独り言)

    徳川慶喜さんは、徳川幕府を終わらせて、弱い人というイメージでした。(失礼で未熟だったと反省しました)

    とても知的な方だったと本書にありました。「慶喜は、とてつもない決心をし、国体の本義をわきまえて、あえて家を捨てたのである。」

    私が将軍だったら、その何不自由ない地位や名誉、家を捨てられるだろうか・・・

    先日、テレビ「昭和偉人伝」にて、土光敏夫さんとふと重なりました。「清貧のひと」と呼ばれ、昭和の日本経済を支えた方。(私はテレビで初めて知りました)

    その生き方にとても感動しました。自分のためではなく、とことん
    公のために生きられた。

    とても私は追いつくことができないと思います。

    唯一、公のために生きることができるとすると・・・を考えてみました。

    「不機嫌そうな人を見たら、やさしい顔でニコっと笑顔」
    「急いでいる人がいたら、そっと道を譲ってみる」
    「込み合っている駐車場で少しだけ遠くに止めてみる」
    「苦しんでいる人がいたら、その人の幸せを数秒でも祈ってみる」

    こんなことで何も変わらないかもしれません。

    でももしかすると・・・

    この小さなことで、不機嫌そうな人が気持ちが収まり、その不機嫌を伝染せずに済んだかも。
    急いでいる人も譲ってもらうことで、その後、慌てなくなるかもしれない。

    私は、数年前まではこうしていました。

    不機嫌な人に不機嫌になり、不機嫌を増殖していました。
    急いでいる人には、意地悪で道を譲らない。
    我こそは、一番に、自分の幸せだけを祈っていました。

    これはもしかすると、小さなことだけど、もしかすると実は恐ろしいことかもしれないと、少し創造力を働かせるようになってきました。

    慶喜ほどのものは捨てられないけれど、誰かのために、数秒のこころの余裕をもつことで、誰かに少し笑顔になり、その家族も笑顔になり・・・というようによい連鎖していくことをイメージしています。
    100%はできないけれど、出来る範囲でやってみようと思います。


    最近、渡部昇一さんの本を初めて読みました。(まだ途中ですが)プロフィールに上智大学名誉教授。深い学識と鋭い論評で知られる。とありました。
    (ホームページ:http://www.shoichi-juku.com/)
    本当に引き込まれています。


    本書の内容がとても長いのでかなり抜粋させていただきましたが、もし機会があれば、読んでくださいね!
    今、菰野町図書館で貸出中ですが、まもなく返します。


    最後までご覧いただき、ありがとうございます♪


    素敵な笑顔の{COL1}さんが

    今日もその笑顔を誰かにプレゼントできますように・・・


    *******

    {EMAIL}宛てにお送りいたしております。

    にこハピ通信のバックナンバーはこちら↓
     http://mieprism.net/acmailer3/backnumber.cgi

    にこハピ通信メール配信の不要な方の解除はこちら↓
    {DELURL}

    お友だちにご紹介いただけるとうれしいです♪
    にこハピ通信メール配信登録はこちら↓
    http://mieprism.net./acmailer3/from.cgi

    {YEAR}/{MONTH}/{DAY} ({WEEK-JP}) {HOUR}:{MINUTE}